えんため大賞優秀賞『侵略性外来種『勇者』』 特別賞受賞作『やがてはるか空をつなぐ』

例年よりも暖冬で非常に助かっております。
ファミ通文庫編集部のHです。
今週はえんため大賞受賞作品を2タイトルご紹介!

一作目は第20回えんため大賞優秀賞受賞作
『侵略性外来種『勇者』』
を紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書影をクリックすると購入ページへ。






 

 

 

 

 

 帰りたくない異世界勇者VS.帰って欲しい現地人!

大魔王により危機に瀕した世界プロミステラを救ったのは精霊女王により召喚されたチートスキル持ちの勇者だった。しかし三百年後、不老不死の勇者らはその力で人々を支配・蹂躙しはじめていた。精霊女王の末裔の姫騎士マリーは、勇者たちを元の世界に帰すためのパーティを結成するも、メンバーは大魔王の孫娘&一般人の少年! 立ちはだかるのは帰りたくない勇者たち! 現地人は無敵の勇者達にどう立ち向かうべきか!? バトルファンタジー開幕!


二作目は第20回えんため大賞特別賞受賞作
『やがてはるか空をつなぐ』
です!




   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書影をクリックすると購入ページへ。

 

 

 

 

 

 

わたしと一緒に退学になってくれますか?

部室ではバルーン実験の準備が進んでいた。メンバーはロケットオタクの青桐七海、プログラマー山花俊、天真爛漫な後輩、町田佐奈の三人だ。実験の当日、彼らは近くの高校に通う赤森遙と出会う。活動に興味があるという遙は物理部へ入部を希望するのだった。彼女にはどうしても校庭でモデルロケットを打ち上げたい理由があるのだという。しかし過去に青桐が起こしたある事件をきっかけに実験は禁止されていて――。ロケットが紡ぐボーイミーツガールが幕を開ける!

二作品は共に1月30日(水)発売です!
何卒、宜しくお願いします!

 


Comments are closed.