10月は嬉野秋彦最新作『魔術師たちの就職戦線』登場! そして11月にはあの作品の完結巻が……!

N.ですこんにちは。

オリンピックも終わり、続くのは台風のみ。
秋ですねえ。

さて!
読書の秋まっただ中の10月には嬉野秋彦先生最新作が登場!


就職率日本最高の“退魔士育成機関”を舞台に贈る、実力者の姉と編入生の弟、最悪の再会から始まる、新世代学園異能バトル!

shushoku_cover

『魔術師たちの就職戦線』
著:嬉野秋彦 イラスト:惠坂


あらすじ

「……死ね」という言葉とともに気を失った進藤雪也は、編入先の“不動台術式高専”の保健室で目を覚ました。紹介されたクラスで彼を攻撃した少女を見つけたユキナリだが、クラスメイトとなった山崎雅明や網代木澪の話から、「この学園は素養のある生徒が集められた、就職率日本最高の退魔士育成機関」であること、そしてあの少女の名が蘭崎香織里であることを知り、彼女が幼い頃に別れた双子の姉であることを思い出す――。
姉と弟、最悪の再会が始まりを告げる新世代学園異能バトル!


イラストは新鋭の惠坂先生!

主人公ユキナリが所属する“不動台術式高専”2年生の中でも実力トップクラスと言われるヒロインたちはこんな娘たち!


kaori_kan

ユキナリの双子の姉・蘭崎香織里


mio_kan

由緒正しい名門の娘・網代木澪


maruko_kan

見た目はギャルの実力者・マルコ

さらに詳しい情報10/21配信のFBonline11号にて!

と、9/23配信の10号「刊行予定」に先駆けてここで発表。

『この恋と、その未来。』

最終巻となる6冊目、11月に発売します。
四郎と未来、ふたりの結末はファミ通文庫からしっかりお届けしますので、こちらも楽しみにお待ちください。

ではでは!


タグ

Comments are closed.