ゴロゴロは、人生の堕落地点

こんにちわ、kota2です。

最近、ますます電子媒体でテキストを読むことが多くなりました。
最初は、持っている厚みがわからない事などに抵抗があったものですが、
それよりも今では1ページの可視範囲を調整出来る、電子書籍の見やすいことの利点の方が大きくなってまいりました。
とはいえ、それ以外問題が無いわけでもなく。
私にとって一番大きな問題は、本よりもデバイスが重い事。
横になりながら読むというのが長時間出来ないのです。
うとうとして手を離したが最後顔面を強打したり、なんてことも。

そこで……究極の堕落を求めタブレットの固定を私、試みました。
歯医者さんにある、可動式のライトなどまさに理想!
寝たまま操作出来るという理想郷を求め!
即座にタブレット固定用アームを某カメラ量販店で購入!

しかし世の中早々上手くはいかなくなっている……。
ベッドのそばにアームを固定出来る場所が無いのです。
いやありはするのですが、幅が足りないのです……。
でもなんか諦めたくない。
アームを固定出来る、
細長い棒のような物があれば。
細長い棒……。
細長い、固定出来る…棒?

あ。

ありました!

画像1

めちゃくちゃピッタリでした。
ベッドと壁の隙間に差して固定出来てしまう上狭い隙間さえあれば
場所も動かせてしまうベストチョイス!

まさか枕元に日本刀(模造刀)ですが置いて寝る日が来ようとは思ってませんでしたけど。
これがあれですか! 今流行っている刀剣男(怒られそうなので割愛)……。

画像2
おまけで鞘から抜いてみました。尖っててアブナイ。

さて寝ながら、さながらアイアンマンに出てくる空中投影ディスプレイのように
タブレット端末の操作が出来るようになった私めが、
ミライのクリエイターを続々輩出中にミライショウセツ大賞新作をご紹介です!

来る6月29日、ミライショウセツ大賞第5弾
『最新の魔法遣いとアイを識るモノ』
著:GODO イラスト:朝ノよー
が遂に発売!

書影
最新科学とファンタジーが見事な融合を果たした近未来。
人工知能のフォローを得た”最新の魔法遣い”雫石ミコトが、
助手の神代ヒビキとともに、

存在しないはずの第七世代人工知能を巡り大暴れする、
近未来アクションファンタジーとなっております!

イラストレータの朝ノ先生のキャラデザですよ!
画像3
“最新の魔法遣い”
雫石ミコト。

画像4冴えない主人公けど、締めるところは締めます! 
神代ヒビキ。

画像5
悩みはナチュラルに人に怖がられる事。
それでも日本の科学技術を裏から支える、エレメンツが一人。
水鏡優。

画像6
ミコトを訪ねてきた謎の美少女、
相沢伊織。

画像7
ミコトの後見人にして、水鏡と同じ、
エレメンツ『風車家』の現当主、
風車結子。

画像8
まろ眉が可愛いテディべ……ア?

と魅力的なキャラクター続々でございます。

ミライショウセツ大賞優秀賞受賞作
『最新の魔法遣いとアイを識るモノ』
は6/29日(水)発売です!

是非お手に取ってくださいませ!

枕元に刀を置き、何かの襲撃に備えるkota2でした。


タグ

Comments are closed.