明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。

へんしゅーちょーです。

時節柄もろもろ大変です。忘年会シーズンということもあり、ちょこちょことお誘いをいただいているのですが、会社の引っ越し、今期の●●、来期の●●、目の前の問題処理……といろんなことが同時多発的に襲いかかりやがります。おちおち飲んでいられない……。

なんで、一日一日、できることを全速力でこなしていくしかない、そして先々への布石をうちつつ前へ一歩ずつ進むという毎日を過ごしております。なので、タイトルの名言引用となった次第です(By ガンジー)。

 

そんな中、日々せっせと取り組んでいる事の一つが、Pixivで実施しております『ミライショウセツ大賞』のエントリー作品を読んでいくこと。新しい作品に出会える喜び。

 

ミライショウセツ大賞 ミライショウセツ部門 http://www.pixiv.net/novel/contest/mirai

ミライショウセツ大賞 テーマ部門 http://www.pixiv.net/novel/contest/mirai_theme

特に「テーマ部門」が面白くて、前回のテーマ「魔法使い」と現在の「恋と同居」ではガラッと挙げられてくる作品の趣、ターゲット層が変わってくるんですね。

「魔法使い」の時は、やはり今ラノべでも多数を占める異世界ファンタジーものが多くて、想定しうる読者層も男性向けかな? と思う作品が目立ったのですが、「恋と同居」になってからは一気に、「胸キュン!」度が急上昇して、読者層が圧倒的に女性かな、という作品が見受けられます。なので、私も日々「キュン! キュン!」しております。

もちろん、男性向けの同居ものも多数ありますが、今回のテーマはとっても書きやすいのかぐんぐん投稿数が増えている気がします。

面白い作品が増えてくれることは願ったりかなったりですので、みなさんも、どんどんチャレンジしてくださいね。

 

現在第2回のテーマ「恋と同居」は今年の大晦日、31日が締め切りとなっておりますので、ぜひ駆け込んじゃいましょう。前回の「魔法使い」テーマの時にちょっと残念だったのが、投稿締め切り日までにお話が完結していないままのものが結構ありました。作品を読む方としてはやはり最後まで見届けたいものですので、まだ物語途中の方、ぜひ、最後まで書いていただけるようよろしくお願いしまーす。

 

そして、

次回のテーマも発表になっているみたいですね。「アイドル・音楽」だそうです。

ふむふむ。果たしてどんな作品が投稿されてくるのでしょうかね。

私としては今後期待したいのは「このテーマをこっち方向にアレンジしたかー!」みたいな斜め上(上ですからね)の驚きがあるような作品があるといいな、ということですね。

 

テーマの言葉どおりだけではなく、いろんな発想で書いてほしいなー。というのが願いです。お待ちしておりますよー。

 

では、次はきっと2015年が明けてからのご挨拶になりましょう。

ちょっと早いけれど、メリークリスマス&良いお年を!(なに、それ食べれる? あたいの辞書には書いてない)


タグ

Comments are closed.