花とか鬼とか(!?)

こんにちは、Aです。
花粉症もようやく一段落ついたんだかついてないんだかの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

いや花粉症はさておき。

桜が去り、藤が花開きはじめたこの季節に、満を持して野村美月先生の「ヒカルが地球にいたころ……」最終巻が登場ですよ!

表紙には満開の藤の花!

 
カラーピンナップはヒカルの花たちがずら~り


そして是光のヘリオトロープ、帆夏

 

もう多くは語りません。
すべてのキャラの辿り着く先を、どうぞ見届けてください。

 

またそんな余韻もさめやらぬ中、野村美月先生の新作・読み切り(5月・6月連続刊行!)も進行中! 乞うご期待!!

 

そしてそして、佐々原史緒先生の「見習い神官レベル1」の2巻もついに発売です!
新キャラは、鬼のような上級生。

天才&毒舌キャラ、“暴虐の沈黙王”アフェク・ユハス

 
彼については著者の佐々原先生と

佐々原先生「言ってることが全部正論なのがタチ悪いですよね彼は」
私「はい素晴らしいです」

みたいな会話を交わしましたが美味しいキャラです。
我らが主人公ヨシュアが、振り回され、たじたじヘロヘロとなるのが大変楽しいです。
でも身近にはいらない。

 嫁とのいちゃラブも倍増(当社比)で、こーんなシーンもあったりするのですが、

 膝枕!

 ……もちろん諸々の事情でそれ以上はNGなため、ヨシュアくんの生殺し度も超絶アップしております。

 佐々原先生からいただいたシリーズのキャッチコピーは
「愛は世界を救わないかもしれない」
ヨシュア・バレクくん(16)の嫁つき学園ライフ、色々ニヤニヤしっぱなしの2巻も、どうぞよろしく!

 


Comments are closed.