課金だけはしない……そう、絶対にだ!!

こんにちは。K4です。

みなさん信玄餅ってご存じですか?
山梨銘菓の、黒蜜をかけて食べるきな粉もちですね。
最近とある山梨出身の方からお土産にいただいたんですが。

このお菓子ときたらけっこう曲者で、きな粉をこぼさずに食べるのは至難のわざ。
溢れんばかりのきな粉を前に初心者は途方にくれるばかりです。

ところが昨日発売された淺沼広太先生の『ぜんぶ彼女に「視」られてる?』3巻に、上級者の食べ方が描かれているではありませんか。 八神さんが「視」たその食べ方は、まず容器をひっくり返して全部包みのビニールに出してしまうんですね。
そして黒蜜をかけたらそのままくるんで、もみもみします。
すると「柔らかいけどぷにっとしてて」「ちょっと気を抜くと袋の中からどろっとしたのが溢れそうに」なるんだそうです。
食よりも触。信玄餅の新たな可能性を切り拓いた淺沼先生、さすがです。

しかし訊くところによると山梨では各家庭ごとに「我が家の食べ方」があるんだそうですね。
わたくしが指南されたやり方は、

 まず普通に空けますよね。そしたら、

 こんな感じで粉だけこぼします。
ポイントは、この時点で餅にかける黒蜜は半分にしておくことです。
で、餅を食べますね。おいしい。
そしたら……

 ちょっときたならしくてごめんなさい。
わかりにくいですが、きな粉を容器に戻して、残りの黒蜜を投入したところです。
これをまぜまぜすると、こなこなしたペースト状になります。それがまたおいしい。
件の山梨県民さんのご家庭ではむしろこのペーストこそがメインなのだそうで。
これがそのペーストの画像……

 !?

あれ?

これは3月から始まるファミ通文庫15周年フェアのごにょごにょなアレの画像じゃないですか!!(デザインは制作中のものです!!)

3月から始まるファミ通文庫15周年フェアのごにょごにょは近いうちに発表されるみたいです!!
ほかにもたくさん1年間続くいろいろなごにょごにょを画策しておりますので乞うご期待!!

 


Comments are closed.